いわき市 いわき市W様 トルコン太郎 ホンダ モビリオスパイク GK1 田辺自動車工業

画像

  • HOME
  • 修理
  • いわき市W様 トルコン太郎 ホンダ モビリオスパイク GK1

いわき市 トルコン太郎 ホンダ モビリオスパイク GK1

 車両確認

今回の車両はホンダ モビリオスパイク(GK1)平成19年式。
走行距離は50,500㎞、CVTF交換歴は無。
発進時に、軽度の振動(ジャダー)の症状がでています。

 オイル抜き取り

まずはドレンアウトします。
予想以上に真っ黒でした。
一般的に過走行、または不具合の出ている場合は「オイルパン洗浄」と「ストレーナー交換」を実施してから全量圧送交換をします。
しかし、ホンダのAT・CVTミッションは他メーカーと構造が異なり、「オイルパン」そのものがありません。

 ドレンボルト

マグネットにはCVT内部の摩耗で発生した大量の鉄粉が付着しています。
このボルトは簡単に外すことができるので、鉄粉は容易に除去することができます。

 ホンダ純正 ウルトラHMMF

この車種のCVTF交換には必ず純正の指定銘柄を使用します。
どうしても振動の出やすい構造のため対策用になっているオイルです。

 圧送交換スタート

ラジエータに内蔵のオイルのクーラーラインを洗浄、新油を注入し圧送交換をスタートします。
画像は1回目の圧送交換終了後ですが、右のクリーナーモニター内のオイルがキレイになりました。
左の新油モニター内のHMMFと比べると少し濁っている程度ですね。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0246-56-2822
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!